// 9. 花々と生きる日々 | ニジノ絵本屋
ニジノ絵本屋 > 読みもの > レインボーガーデン > 9. 花々と生きる日々

COLUMN

CATEGORY

9. 花々と生きる日々

こんにちは!
しばらくコラムを書いていませんでしたがこの間、
レインボーガーデンのお花たちは
グングングングンと、それはたくさん咲き誇っていました。
冬の間に植えておいた種や苗が
いっせいに咲き始めると、いつもとてもワクワクします。
花たちの
「咲きたい」
という意思のようなものを
肌で感じるからなのかもしれません。

カモミール。
これは乾かしてお茶にします。
夜寝る前など休まるので好きです。
先日のニジノ絵本屋1周年記念イベントへは
このカモミールティーを差し入れたのでした。

ボリジもとっても大きくなりました

わたしの大好きなパンジーたち

こちらはイタリアの品種で
フリルがすごく豪華な感じです

青の色の出方がとても綺麗ですね

みんな咲き誇ってる。
この光景を見れることが何よりの
「育てているよろこび」なのですが
この綺麗な花々どれもが食べられるだなんて!
わたし自身いつもそのことには驚いてもいます。

先日、おだやかな春の日に
ミキさんが土を運んできてくださいました。
この土は、山梨で自然栽培業を営む木内さんに
お裾分けいただいた宝物のような土なのだそう。

(北杜市須玉町小尾(黒森)の名産品「花豆」を
毎年作っている土で、化学肥料はもちろん
いずれの肥料も何年もいれず緑肥と一緒に
毎年作付されてきた土なのだそうです。)

ほんとうにほんとうに、うれしい贈り物でした。
おふたかたとも、ありがとうございました!

NYから来日中のわたしの家族たちは
仕事の一環でNYのビル街の中で
オーガニックガーデンを育むこともするようで
ふたりも手伝ってくれました。

ニジノ絵本屋のいのい店長も
いつも水やりをしてくれていて…
「レインボーガーデンは周りにいるみんなの愛で育まれてる」
花を摘みながら
いつもそんな風に思います。

そんなレインボーガーデンのお花たちを見て、
素敵なお声がけをいただきました。

「atelier moo.」代表、布小物作家でもあり
ニジノ絵本屋スタッフでもある杉浦真美さんが

「動物性の原料を一切使わずに作る
こころとからだにやさしくて美味しいおやつたち」

を作るため「pâtisserie moo.」より
レインボーガーデンの花を使ったお菓子が
発売されることになりました!
実は、そのために育ててきたお花もたくさんあるのです。
(ブランドのスタートは再来月の予定とのことです。)

そこで昨日、真美さんとのいのい店長とマーさんと
みんなでお菓子づくりを手伝ってきたのですが…

なんとそのクッキーが
ニジノ絵本屋(Worthless)とわたし(NONKI BOOKS)が参加します
5月4日の「今日だけ、こどもパーク」で販売されます!
場所は代々木公園のケヤキ通りになります。
絵本ライブとワークショップもありますので
よかったらどうぞ、あそびにいらしてくださいね。


テライシマナ
東京生まれ。南米アマゾンのジャングルでの自給自足暮らしを経て、ニジノ絵本屋の「レインボーガーデン」を運営。「OHISAMA BOOK」著者、ブックレーベル「NONKI BOOKS」代表。 http://nonkibooks.com

RECENT ENTRY