// 10. MAHARO | ニジノ絵本屋

COLUMN

CATEGORY

10. MAHARO

しばらくの間ハワイに行っていました。
実は「ハワイ」と「植物」と関連する
あらたな作品を作っています。
それについてもめくるめく
すばらしい出来事がたくさんありました。

さておき、
今回訪れたマウイ島とモロカイ島で、
以前のグアテマラ旅で書きました
「ハカランダ」にまた、出逢えました。

マウイ島では
「マイトリー」やソロでも大活躍中の歌い手、森田さやかさん
マウイ在住のゆきさんがコーディネートくださり
ヴィーガンレストラン「ZEN」さんでのイベントや
シュタイナー学園さんでのワークショップに
OHISAMA BOOKとともに参加でき、大変光栄でした。
(このお話は別の場でまたしたいとおもいます)

わたしは道すがら、植物を見るのが大好きです。

そこにしかない色
そこにしかない生態系

島、という環境には
そういう存在が数多くあり観察が面白いです。

そしてモロカイ島で大感動をしたのでした。
それはレインボーガーデンを始めたきっかけでもあった

「大自然の恵み」を
また十分に感じれたこと、でした。

わたしたちは、マンゴーを毎日食べました。
ディルも道にいっぱいなっていました。

野生のものをいただく
これがいちばん元気をいただけます!

たくさんたくさん、あって
「どうぞ、食べてください」と
島が言ってくれていたかのごとくでした。

マンゴーをいただく度に
自然界がわかちあってくれている「ゆたかさ」が
からだ中にしみ渡っていくよう。
「よろこび」でいっぱいになる、そんな体感。

「ゆたかさ」をもらうことで
わたしもそうしたい!と、おもえるんだなとおもいます。

そんなことからレインボーガーデンでも、
特にミントとレモンバームはご近所の方々に
「わたしたちがいなくてもご自由にどうぞ」
スタイルにしているのです。

この話はなんと、最近発売されました
「ニジノ絵本屋さんの本」(西日本出版)
にもあやさんが綴られています。
待ちになったあやさんとニジノ絵本屋と
つながるたくさんの方々の待望の1冊は、
イラストはこばやしゆきさんの、こんなにかわいい表紙なのです!
ぜひ全国の書店さんで見つけてください!!!

そして帰ってきたレインボーガーデンでは
のいのい店長が大事に見守ってくれておかげさまで…

エキナセア

ブルーマロウに

イエローヤロウと
どれもハーブティーにできる花が咲きました

バーベナ

ナスタチューム

パクチーの花

パンジーなどなど、みんなドライにします

今はあたたかいので、何かを育てるにはいい季節。
みなさま
何かを植える時のキーワードにはぜひ
「挿せば成る、蒔けば成る!」をモットーに
自然に委ねて、どうぞトライされてみてくださいね!

タイトルの「MAHARO」はハワイ語で
「ありがとう」の意味とのこと
あなたへ「ありがとう」をこめて。


テライシマナ
東京生まれ。南米アマゾンのジャングルでの自給自足暮らしを経て、ニジノ絵本屋の「レインボーガーデン」を運営。「OHISAMA BOOK」著者、ブックレーベル「NONKI BOOKS」代表。 http://nonkibooks.com

RECENT ENTRY